不動産業界と様々な問題【立ち向かう企業】

不動産の賢い探し方を知っておこう

住宅を借りる

借主は支払う必要がありません

日本社会で不動産物件を購入や売却を考えた場合、法的に適切な資格保持者でなければ取り扱うことができませんから大抵は不動産業者に依頼します。不動産業者は自社で不動産物件の開発もしますが収益の多くは、こうした依頼人からの仲介手数料が占めています。仲介手数料は賃貸物件の入居をする際にも発生します。この金額は賃料の1ヶ月分が上限と法令で決まっていますが、決して安い金額とは言えません。 しかし、近年は不動産物件の仲介手数料無料サービスを他の手数料もとらずに行っている不動産業者が増えています。元々、1ヶ月分を仲介手数料として借主が支払うこと自体が慣習で、本来は貸主・借主双方から半月分で十分だったのです。そのため、貸主が支払うことで仲介手数料無料が実現しているのです。

充実したために実現したサービス

不動産業者が受け取る仲介手数料は上限が賃料の1ヶ月分と言う上限が決まっているだけで支払者の規定はありません。貸主・借主の立場が対等であれば半額ずつで良いのですが、不動産物件の貸主の立場が優位な時代では借主が全額を負担することが多く慣習化していきました。 しかし、最近は不動産物件の住宅件数が充実してきたため空室が発生することも珍しくありません。貸主にとって空室が存在し続ければ継続的な損失になります。仲介手数料無料として不動産業者を介して借主に紹介する一方、貸主が仲介手数料を負担することで空室を埋める方が貸主にメリットがあるのです。借主は仲介手数料無料で住居を借りることが可能になりますが、不動産業者も従来通り仲介手数料を得ているので、関係者全てにメリットのあるサービスです。

Contents

近年の働き

不動産業や建築業において、様々な方法でより多くの住宅を建設し、更に多くの利用者を得ようとする働きが数多く発生しています。この働きを利用していくことで、より良い生活環境を手に入れられるのです。

MORE

また導入される

住宅エコポイントは定期的に行っているので、徐々に注目度を高めていっています。また、今年も復活されるということで、これから取得に向けて検討を進めている人が増えていっています。

MORE

節約を行なう

引越しを行なうにあたって様々な費用がかかってしまい、とても不便であると感じるようになってしまいます。しかし、仲介手数料無料のキャンペーンを利用することによって、これらのコストが抑えられます。

MORE

相場を把握しておく

マンションを売却するという場合は、どれくらいの費用で売れるのかについて相場を知っておくことが大切です。また、査定を複数社に依頼することによって、最適な価格を知ることが出来ます。

MORE

銀行をサポート

バブル崩壊後の不良債権を回復するために導入されたのが任意売却です。なお、現在にわたっても多くの人から利用されていますが、高い価格で買い取ってもらえるということでこれからも注目は高まることでしょう。

MORE