不動産業界と様々な問題【立ち向かう企業】

不動産の賢い探し方を知っておこう

また導入される

住宅エコポイントの歴史について

住宅エコポイントという言葉を聞いたことのある人は少なくないかと思います。住宅エコポイントというのは地球温暖化対策や経済の活性化や震災復興支援などを目的としてエコ住宅を新築したり、エコリフォームを行ったりした人に住宅エコポイントを与えそれを商品の交換や追加工事の費用に充ててもらう制度であります。住宅エコポイントの制度は平成21年12月に創設されました。初めて導入されたのは平成22年3月に緊急経済対策に一環としてでした。その後平成23年7月に打ち切られました。2度目の導入は平成24年1月から7月にかけて東日本大震災の被災地の復興支援などを目的として行われました。そしれこれまでに発行された累積の住宅エコポイントはエコ住宅新築とエコリフォーム合わせて約3400億ポイントとなったそうです。

今回3年ぶりに復活する予定です

住宅エコポイントの制度は平成21年に導入され、過去に平成22年と平成24年の2度にわたって導入されました。最初の導入では緊急経済対策の一環を目的として導入され、2度目の導入では東日本大震災の被災地の復興支援などを目的として導入されました。そして平成27年に三度めの住宅エコポイント制度が導入されることになりました。3年ぶりの復活ということになります。住宅エコポイント制度は住宅以上の活性化対策として導入されてきました。これまでにエコ住宅新築とエコリフォームの累計発行ポイントは約3400億ポイントとなっています。このポイントは1ポイント1円で換算され商品券などに交換可能です。平成26年4月に消費税の増税があり、増税後に冷え込んでいる住宅業界の活性化につながるか注目されます。